ベラジョンカジノへの入金に関して意外に知られていないこと

現在、ベラジョンカジノへの入金方法として利用できる方法は複数あります。

先ずは、クレジットカードです。
以前は、「VISA」のブランドカードしか利用できませんでしたが、現在は「VISA」をはじめとして、「Master」・「JCB」・「AMEX」と合計4つのブランドカードの利用が可能になっています。

次いで、電子決済サービスでは、「ecoPayz」・「Venus Point」の利用が可能です。
そして最近では、「Ponit Cup」・「Much Better」の2つの決済方法の利用が可能になりました。

その他、「仮想通貨」・「銀行送金」という入金方法もベラジョンカジノでは利用ができます。
様々な入金方法が利用できるベラジョンカジノですが、最も多くの人が利用しているクレジットカード入金において意外と知られていないことがあります。
そのクレジットカード入金に関してまとめていくことにします。

クレジット決済が行えるのは加盟店のみ

クレジット決済が行えるのは加盟店のみ
クレジットカードを利用して決済を行うことができるのは、クレジットカードの加盟店のみです。
つまり、どこのお店でも使えるわけではないのは、クレジットカード加盟店かどうかという事実が大きく影響するのです。

クレジットカード加盟店になるためにはクレジット会社の審査を受けることになります。
クレジット決済は、信用取引の側面を含みます。

それ故、加盟店に欠かすことができないのが信用となるのです。
この信用は、取扱商品やサービスが適切か、情報管理はしっかり行われているかなど審査に通過することで得られることになります。

クレジット会社の信用

多くの日本人が利用するベラジョンカジノの信用は、その利用実績から十分と言えます。
しかし、クレジット会社から見るとそうではない側面があるのです。

その理由は日本の法律にあります。
刑法で賭博行為を禁止している日本です。

現在、オンラインカジノは違法とも合法とも言えないグレーゾーンの位置づけです。
このあいまいな立場が障害となり、信用を得られない現実があるのです。

ベラジョンカジノに責任があるわけではなく、日本の未整備な法律に原因があるのです。

日本のクレジット会社は、いわゆるグレーゾーンの扱いの企業との加盟店契約を結ぶことをよしとしないのです。

クレジット決済は決済代行会社との間で行われている

ベラジョンカジノへクレジットカードを利用する場合、直接入金額をベラジョンカジノへ送金しているのではないのです。
決済代行会社と呼ばれる会社へ代金を支払い、決済代行会社が資金をベラジョンカジノへ送付するという流れです。

現在、「VISA」・「Master」などブランドカードは「cryptorao」または、「ON RANP」とう会社を経由して、暗号通貨を購入し、これらの会社を経由してベラジョンカジノに送金される仕組みになっているのです。
同様に「JCB」や「AMEX」というブランドカードでは、「Pay by Voucher.net」などの会社を経由して処理されているのです。

暗号通貨販売所等への審査状況

暗号通貨販売所等への審査状況
各クレジット会社は、一定期間で加盟店の再審査を行います。
この時、何かしらリスクがあると判断された会社は加盟店登録を取り消されることもあります。

特に近年は、各クレジット会社ともにオンラインカジノ利用のための資金送金は、グレーゾーンであるがゆえにリスクとしてとらえる傾向が強くなっています。
その為、これまで問題なく資金送金の仲介役として機能していた決済代行会社が加盟店登録を取り消される事案も生まれています。

同時に暗号通貨の特性上、情報漏れなどの管理体制も厳しい基準を設けるようになっているのです。

さらに、ビットコインなどの暗号通貨を取り扱う販売所をもつ国内の企業でも、オンラインカジノへの送金をよしとしない方向性が生まれ始めているのです。

ベラジョンカジノの努力

日本人プレイヤーがこのような状況でもオンラインカジノを楽しむことができるようにベラジョンカジノは様々な努力をしている現実があります。
例えば、最近導入された「Ponit Cup」・「Much Better」などの新しい入金方法です。

これらは、「Venus Point」とは異なり、コンビニや銀行から簡単に資金を入金することができる方法です。
また、決済代行会社の加盟店取り消しなどの事態に備え、複数の決済代行会社の利用を進めています。

これまで、なんで同じ決済方法なのに複数の選択項目があるのと疑問に思ったことがある方は、疑問が1つ解決したことと思います。

ベラジョンカジノへの入金の今後

ベラジョンカジノへの入金の今後
今後も各クレジット会社は、安全性を優先し、グレーと思われる利用ができないように努力を重ねるはずです。
利用者の安全を確保するのもクレジット会社の大事な使命です。

一方で、ベラジョンカジノは利用者に不便が生じないように各クレジットカードが利用できる道を模索し続け、必要であれば新たな決済方法の導入をすることでしょう。

一見、「イタチゴッコ」のように見えますが、立場の違う企業同士が日本の未整備な法律の影響を受け、それぞれの立場を重んじながら運営を行う結果生じている事柄なのです。
いずれ全ての問題を解決するような入金方法が編み出されることを期待たいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です