バイナリーオプションとオンラインカジノの違い

近年FXよりも安心してプレイできる方法として考えられているのがバイナリーオプションです。日本でも行っている会社が徐々にですが増えてくるようになり、会社の取引方法も結構簡単で使いやすいとされています。一方で海外でも利用できるようになったことで問題も発生しています。オンラインカジノとはここが違うという、明確な部分を持っています。

バイナリーオプション

貰える額が違いすぎる

バイナリーオプションは少額だけ使うことが多い取引方法となっています。本当に小さい金額だけ使うようにして、それ以上は使わないようにする傾向が多く、あまり増やすことができません。日本では1000円のペイアウトを貰うために度のラインに投資するのかを決める方法ですから、金額によっては10円しか増えないこともあります。海外のサービスは倍率となっていますが、それでもそこまで増やすには多くの投資をすることになります。
オンラインカジノは倍率によって支給されるものとなっていますが、その倍率はかなり高いものになっていて、もらう事ができる金額は結構多めに設定されてます。2倍のサービスも多いことは間違いないですが、最近は10倍以上貰えるような方法も使われています。

出来る時間が異なっている

基本的にバイナリーオプションは平日しか利用することができません。これは日本の東京市場が閉鎖されていることが要因ですが、それ以外にも海外のサービスも休日になると市場が閉鎖されている事が多いので、これによってできないサービスと判断されます。通貨を利用しているものについても同様です。
オンラインカジノは年中行うことが出来るサービスとして展開されているので何時でも遊ぶことが出来るのは大きなポイントとなっています。しかも休日でも出来るサービスが多くなっていることによって、とにかく遊ぶだけならどのタイミングでも大丈夫というのは大きなことです。

詐欺

違法サービスが続出している

確かにオンラインカジノにも問題はあるとされていますが、最近はバイナリーオプションのほうが問題視されている傾向にあります。日本人が使った海外のバイナリーオプションが、詐欺行為に利用されているなどの理由から消費者センターが警告しています。
出金対応などをしっかり行っているオンラインカジノの場合は、そうした問題に直面することが殆どありません。安心して利用したいと思っているなら、むしろオンラインカジノのほうがいいことも多く、しかもライセンスの信頼度は高いです。